ホーム > 大人の矯正歯科

大人の矯正歯科

大人になってからでも矯正はできる?

大人になってからでも矯正はできる?

最近は大人の矯正が増えてきました。
当クリニックでも60代の方が矯正をしています。大人は子どもと比べて骨が硬いため、歯を動かしづらいというデメリットはありますが、歯がしっかりしていれば、基本的にはいくつになっても治療が可能です。

永久歯列期に治した方がよい歯並びには、乱ぐい歯・八重歯・受け口・開咬(前歯にすき間がある)・出っ歯・交叉咬合(上下の歯並びが横にずれている)があります。

矯正は見た目を良くすることはもちろん、噛み合わせが改善されることによりブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病対策にも有効です。その結果、自分の歯を長持ちさせられることは大きな利点です。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

矯正の種類

金属装置(メタルブラケット)を使う矯正

一般的な矯正装置です。目立ちますが、費用を抑えることができます。

透明装置(セラミックブラケット)を使う矯正

ブラケット部分を歯に近い色にすることで、目立ちにくくします。

舌側装置(リンガルブラケット)を使う矯正

歯の裏側に装着するため、前からは矯正装置が見えません。

デメリットとして、しゃべりにくさや味覚障害が起こる場合があります。
治療期間が長くなる傾向(約2年半)にあり、費用もかかります。
※ブラケットとは歯の1本1本につける器具で、そこにワイヤーを通して歯を移動させます。

治療の流れ

01: 相談

歯並びや口腔内の状態、顔貌など気になっている部分の相談と、料金の説明。

02: 資料採取

歯列やレントゲン撮影など、必要な資料を採取して治療方針を立てます。

03: 検査・診断

検査結果をもとに矯正治療の方法や治療期間についての説明をします。

04: 治療開始
治療開始

あごの大きさに比べて歯が大きい場合、抜歯することもあります。

動的治療 
 矯正装置を使って歯を動かします。
部分的(1~4本)に動かす場合は、約半年~1年。
全体的に動かす場合は、約1年半~2年半。

静的治療
正常な咬み合わせになったら矯正装置を外します。
歯を支え、保護するために保定装置(リテナー)を、2~3年間使用します。

治療にかかる費用

治療の時期や使う器具、装置の種類などによって、料金は異なります。
目安は次の通りです。

相談料無料
資料採取料10,000円
検査・診断料(初診料を含む)30,000円
矯正施術料(永久歯メタルブラケット600,000円
セラミックブラケット(追加料金)100,000円
処置調整料(毎月1回)5,000円
舌側矯正施術料上・下顎舌側1,200,000円
上顎舌側・下顎舌側1,000,000円
技工料(セットアップ模型)45,000円
処置調整料(毎回)9,000円
保定装置料保定装置(リテナ―)A5,000円
保定装置(リテナ―)B10,000円
観察料3,000円

表示はすべて税別です

矯正施術料は院内分割払い(6カ月または12カ月)・クレジットカード・デンタルローンをお使いいただけます。
松丸・歯科・矯正歯科 0120-4184-86
  • 診療メニュー
  • 一般歯科
  • インプラント
  • 大人の矯正
  • 子どもの矯正
  • 審美歯科
  • アンチエイジング
  • 入れ歯・義歯
アクセス


大きな地図で見る
〒349-0217
埼玉県白岡市小久喜1213-3 ビーンズ・アネックス2F

詳しくはこちら