ホーム > 子どもの矯正歯科

子どもの矯正歯科

幼少期に矯正を始めるメリット

幼少期に矯正を始めるメリット

最近では、子どもの矯正について関心が高まってきました。お子さまの歯に関心を持つことは、とても良いことですね。
次項のとおり、歯並びが悪いと成長期の子どもの心身に影響を及ぼします。
頭の形は12歳で9割が形成されます。幼少期に矯正を始めると、正しいアゴの発育を促し顔貌も正常になるほか、大人に比べて後戻りがしにくいなどのメリットがあります。

歯並びが悪いと、心身に影響を及ぼします。

 ブラッシングがしにくい→虫歯や歯周病、口臭の原因になる。
 食べ物をよく噛めない→胃腸に負担がかかり、発育にも影響が出る。
 はっきりとした発音がしにくい→人前で話したがらなくなる。
 正しいアゴの発育をさまたげる→顔の形がゆがんでくる→心理的コンプレックス。
 外傷を受けやすい。
 顎関節症、偏頭痛、貧血を起こしやすい。

矯正を始める時期

では、いつ頃から矯正を始めるのがよいのでしょうか。
当クリニックではしっかりと言葉の理解ができる5~6歳からをお勧めしています。

乳歯列期(5歳以上)に治した方がよい歯並び

受け口・開咬(前歯にすき間がある)・交叉咬合(上下の歯並びが横にずれている)

混合歯列期に治した方がよい歯並び

混合歯列期=乳歯と永久歯が交じっている時期。前歯の上下4本ずつ計8本以上の永久歯が萌出していること
乱ぐい歯・受け口・開咬・出っ歯・交叉咬合

永久歯列期に治した方がよい歯並び

乱ぐい歯・八重歯・受け口・開咬・出っ歯・交叉咬合

治療の流れ

相談

歯並びや口腔内の状態、顔貌など気になっている部分の相談と、料金の説明。
※まだ矯正の段階ではない場合、治療のタイミングを外さないように、定期的にご来院いただいて経過観察をします。
この期間は原則、費用はかかりません。
※お子さま自身のお気持ちや受験、保護者の転勤なども考えて、治療の時期を決めることも大切です。

資料採取

歯列やレントゲン撮影など、必要な資料を採取して治療方針を立てます。

検査・診断

検査結果をもとに矯正治療の方法や治療期間についての説明をします。

治療開始

あごの大きさに比べて歯が大きい場合、抜歯することもあります。

動的治療
矯正装置を使って歯を動かします。
部分的(1~4本)に動かす場合は、約半年~1年。
全体的に動かす場合は、約1年半~2年半。

静的治療
正常な咬み合わせになったら矯正装置を外します。
歯を支え、保護するために保定装置(リテナ―)を、2~3年間使用します。

治療にかかる費用

治療の時期や使う器具、装置の種類などによって、料金は異なります。
目安は次のとおりです。

相談料無料
資料採取料10,000円
検査・診断料(初診料を含む)30,000円
矯正施術料乳歯列期・混合歯列期300,000円
乳歯列期・混合歯列期から永久歯列期に移行300,000円
永久歯列期600,000円
 処置調整料(毎月1回)5,000円
舌側矯正施術料上・下顎舌側1,200,000円
上顎舌側・下顎舌側1,000,000円
技工料(セットアップ模型)45,000円
処置調整料(毎回)9,000円
保定装置料保定装置(リテナ―)A5,000円
保定装置(リテナ―)B10,000円
観察料3,000円

税別
矯正施術料は院内分割払い(6カ月または12カ月)・クレジットカード・デンタルローンをお使いいただけます。

松丸・歯科・矯正歯科 0120-4184-86
  • 診療メニュー
  • 一般歯科
  • インプラント
  • 大人の矯正
  • 子どもの矯正
  • 審美歯科
  • アンチエイジング
  • 入れ歯・義歯
アクセス


大きな地図で見る
〒349-0217
埼玉県白岡市小久喜1213-3 ビーンズ・アネックス2F

詳しくはこちら